ニュースセンター
現在地:ホーム> ニュースセンター > 業界ニュース > タオバオ仕入れ、中国輸入の落とし穴とは?代行業者を利用してトラブルを回避しよう

ニュースセンター

タオバオ仕入れ、中国輸入の落とし穴とは?代行業者を利用してトラブルを回避しよう

リリース時間:2019-11-11 クリック数:247

タオバオで仕入れる3種類の方法

・個人(自力)で輸入する

自分でタオバオで購入するには、
中国現地に行って、中国銀行口座を作成したり、
中国人の保証人も必要になることもありますので、ハードルは高いです。

・外注(中国在住)を雇う

中国では個人でも発送代行を請け負っている人も多いので、
中国現地のパートナーを使う方法もあります。
募集はクラウドソーシングサイト、掲示板などに出せば
たくさん応募があります。

・タオバオ 代行業者に依頼する

ある程度の規模でビジネスを展開していくのであれば、
代行業者を使うのがおすすめです。
購入代行はもちろん、在庫確認、価格交渉、返品の可否など、
必要事項は聞いてくれますし、
受取、検品、国際発送までの一連の流れを全て代行してもらえます。

個人で仕入れる手順

・仕入れる商品をリサーチ

Amazonで中国輸入製品を見付ける。→「ノーブランド」と検索。
googole翻訳やエキサイト翻訳を使って、日本語の商品タイトルを中国語に翻訳します。
タオバオサイトで同じ商品を見つけます。

・出品者に交渉・問い合わせ

中国はチャットが主流になっています。
翻訳ソフトを使用して、チャットを使って交渉します。
Googole翻訳やエキサイト翻訳を使って中国語(もしくは英語が可能な場合もある)で交渉しましょう。

・商品の購入(決済)

決済は「アリペイ」という専用システムを使います。「商品の発送を待ってから代金が振込まれる」というシステム。これによって安全に取引ができるようになりました。

・商品の受け取り・検品

商品を受け取り後は必ず検品をします。
アパレル関連であれば、
穴あき、ほつれ、汚れ、サイズ違いなどは最低限確認します。
数があっているか、箱潰れがないかなど確認します。

・返品する場合は出品者に連絡

不良品が発生した場合、チャットに連絡して、
返品・交換などの問い合わせをします。
メーカーによっては、
商品に不備があっても返品などを受け付けてくれないこともあります。
これは購入前に事前に確認しておくべき内容です。
取引きの最後に「確認収貨物(受け取りました)」ボタンを押さないと、
出品者に支付宝(アリペイ)のお金は支払われません。

・個人での仕入れは障壁が多い

価格交渉、不良返品などのトラブルでは、
やはり中国人同士でないと難しい部分があります。
特別な事情がない限りは、通常は代行会社を使うのがオススメです。

タオバオ輸入代行 利用の手順

・仕入れる商品をリサーチ

Amazonで中国輸入製品を見付ける。→「ノーブランド」と検索。
googole翻訳やエキサイト翻訳を使って、日本語の商品タイトルを中国語に翻訳します。
タオバオサイトで同じ商品を見つけます。

・代行業者の利用登録

代行業者はたくさんあります。
選ぶポイントとしては、

  • 料金(買い付け手数料)が安いこと
  • 日本の商品品質、検品基準を理解していること
  • 問い合わせなどのレスポンスが早いこと
  • 発送が早いこと

料金が安いだけではなく、
価格に見合ったサービスがあるかどうかがポイントです。
問い合わせのレスポンスの早さ、
商品到着〜発送までの早さなどは、
ビジネスのスピードに直結します。

・代行業者に依頼

代行業者に買い付けを依頼すると、
ほとんどの代行業者は在庫確認、価格交渉、返品の可否など事前に聞いておきたい事をタオバオの店舗に問い合せしてくれます。

・商品の問い合わせ(代行業者)

現地の中国人にお任せした方が、問い合わせや価格交渉などはスムーズです。

・商品の購入(代行業者)

代行会社に仕入れ代金を送金し、購入が開始されます。

・日本に商品を発送(仕入れ先)

中国倉庫(代行会社)に商品が到着し、検品、梱包後、
商品を発送します。

・商品の検品・返品(代行業者)

商品の検品の品質や、返品などの対応代行は、
利用する代行業者で異なってきますので、事前に確認しておきます。

タオバオ仕入れ初心者のトラブル事例

・コピー品や粗悪品を輸入する

メーカー品、ブランド品、日本のアニメ系のグッズは、全て偽物と思っていただいて構いません。
ノーブランド品を仕入れるようにして、
偽物・粗悪品を知らずに輸入しないよう注意しましょう。

・検品や返品に時間がかかる

利用する代行業者によってスピード、サービスなどに大きな差があります。
手数料・送料が安くても到着までに異常に時間が掛かるケースなどがあるので、検討する場合は必ず、全ての面を比較して決めるようにしましょう。

・コミュニケーションが取れない

問い合わせのレスポンスの早さは重要です。
中国と日本は時差はほとんどありませんので、
返信があまりに遅いところでは他の面でもスピードは遅い可能性があります。
・悪質な詐欺に引っかかる
出品者のショップ全体の評価を確認し、タオバオが認めた「優良店」マークがあるショップは非常に信用度があるので仕入れ初心者は優良店を選ぶようにしましょう。

タオバオ仕入れ初心者は代行がおすすめ

・すべての作業を代行してくれる

買い付け、検品、梱包、FBAラベル貼り、国際発送まで
中国側で行うほぼ全ての作業をお任せできます。
また不良品などのトラブルがあった場合でも対応してくれるので、
心強いです。

・中国の銀行を作る必要がない

中国現地の銀行口座を作成するには、個人でやるには少しハードルが高いです。

・中国語・英語が出来なくてもよい

代行業者はもちろん日本語ができる中国人スタッフがいますので、
購入や問い合わせは全て日本語でできます。
ショップのやりとりは中国語で買い付け・交渉を代行してくれます。

・商品の検品・返品対応をしてくれる

検品により不良品が発生した場合は極力、セラーと交渉して交換までしてくれる代行業者も多数あります。

・日本語で丁寧なやり取りをしてくれる

購入や問い合わせは全て日本語でできます。

・多く仕入れるほど手数料が安くなる

多量ロットで仕入れるほど手数料が安く済みます。
また、まとめて購入した方が価格交渉でも安くなりやすいです。

・商品の問い合わせをしてくれる

商品の内容・品質なども確認、問い合わせしてもらうことができます。

タオバオ代行業者を選ぶポイント

・サービスの幅

値下げ交渉、買い付け前に、在庫確認、検品までしてくれる輸入代行業者もあります。

・対応の速さ・丁寧さ

商品についての問合せのレスポンスが早く、ただの代行業者ではなく、色々と気を効かせてくれるビジネスパートナーのような代行業者を選びましょう。

・手数料は適正か

代行会社の料金は大体、買い付け手数料、検品料、ラベル貼りなど。
国際送料、関税・消費税などは実費で請求されます。
送料や為替手数料などは、相場よりも上乗せされている場合もありますので、
この辺りも確認しておく必要があります。

・サポートがしっかりしているか

代行会社によって、様々なサービスがあります。
OEM製作代行、中国買い付けツアーを企画しているところもあります。

オンラインメッセージ