ニュースセンター
現在地:ホーム> ニュースセンター > 業界ニュース > 中国アリババなどネット代行業者探す方法

ニュースセンター

中国アリババなどネット代行業者探す方法

リリース時間:2019-11-09 クリック数:271

まず、中国製品を輸入する時の「流れ」を知ろう!

IMG_258
ここでは、簡単な流れをお伝えします。
あることに気付くと思いうので、必ず把握をしておいてください。
(輸入ビジネスの流れ)

  • 中国輸入代行業者に注文をして、支払をする
  • その代行業者が、中国の各ショップに注文、仕入れを行う
  • そして代行業者が、検品して、日本へ発送をする
  • あなたは商品を受け取るだけ

もうお気づきかもしれませんが、あなたが利用する代行業者が、中国のマーケットから仕入れて、検品もして、発送もしてくれるわけです。
これは、とてもありがたいですよね^ ^
もし、代行業者がいなければ、あなたは自分一人で、毎月買い付けに行かなければなりません(笑)

中国輸入代行業者に依頼をするメリットとデメリット

IMG_259
恐らく一番の壁は、言語の違いだと思います。
また日本人と価値観も大きく違います。
なので、代行業者がいないと、とてもじゃないですが、ビジネスを大きく展開していくことはは厳しいでしょう。

メリット

  • 中国語がわからなくても、頑張れば仕入れられる
  • 中国(イーウー)に毎月買い付けにいかなくてよい。代行してくれる。
  • クレジットカードが使って仕入れができる
  • うまくいけば、アマゾンのFBA倉庫に直送もできる

デメリット

  • 時々、中国語を日本語に翻訳するのがやや面倒
  • 二度、検品をする必要がある
  • 海外配送料や手数料が当然かかってくる
  • 中国政府の規制が入れば、事業停止に追い込まれる可能性がある

このように、代行業者を利用するメリットとデメリットははっきりしています。
大事なのは、デメリットを許容して、中国輸入ビジネスをすることです。
これは、アマゾンの国内せどりもそうだけど、ビジネスには必ずデメリットがあるだろうし、リスクがないビジネスなんてない!
と思ってもらえれば幸いです。
リスクやデメリットを許容して、それらを最小限にできるかが、とても重要でしょう。
また中国本土と取引をするわけなので、中国の祝日や旧正月など、中国文化や価値観も勉強しないといけません。
ですが、それくらいやらないと、やっぱり中国輸入ビジネスで成功をおさめるのは難しいかな~と思います(>_<)

1:手数料

基本的には、重要ポイントではありますが、個人的にはあまり重要視していないです。
これは手数料よりも、配送スピードを重視する販売者もいて、代行業社の中には、そういうニーズに応えてくれる会社もあるからです。
安ければよい?というわけでもないです。
なので、多少高くてもよいサービスを提供しているか?をチェックしてみるとよいです。

2:お問い合わせした時の、対応の質と早さ

これは、代行業者が、中国の業者に直接質問をしてくれますが、やはり対応の質と早さは、大事だと思います。
特に、スカイプやチャットが使える業者は直ぐに問い合わせができるので、お勧めです。

3:プラットホームや管理画面があるか

商品の注文、管理をする時に、代行会社専用のプラットホームや管理画面があることは、非常に重要です。
これは、向こうサイドが顧客管理をきちんとできているか?を意味します。
料金が、安いのも大事ですが、所謂、「箱」があって、状況をリアルタイムで知れる管理画面はあったほうが安心です。

4:アマゾンFBAに配送

あなたが、アマゾンで販売をする時に、ある一定の量を超えると、輸入代行業者が、アマゾンの倉庫(大阪)に直接送ってくれます。
ここで、料金の高低でなく、検品の質も非常に重要になってきます。
あなたは、検品しなくてよくなりますが、その分返品も確実に多くなりますし、多少料金が高くなっても、しっかり検品をしてくれる業者を選定するべきです。
ただ、この点に関しては、トライ&エラーを繰り返しながら、代行業者とのやりとりや継続した関係が大事になってきます。

5:配送手段が豊富になるか否か

配送手段は、EMSで送るのが通常です。
ですが、さらにコストを下げるために、民間の配送業者(UPS、FedEX、DHL)や、船便(エコノミー航空(SAL)便)さらに、コンテナ(LCL、FCL)の手配までしてくれる会社もあります。
これは、事業拡大に伴い、利用するか否かを決定すればよいでしょう。

6:仲介や独自依頼が円滑か

あなただけのオリジナル商品を作る為の(OEM・ODM)発注はもちろん、中国視察ツアーなど、独自依頼が円滑にいきやすいか?これも大事になってきます。
結局は、人なので、丁寧且つ円滑に依頼をしてくれるか?をチェックしましょう。
積極的に交流会を開催してくれる輸入代行のCEO(最高責任者)もいるので、まず、実際に会ってみるのもよいですね!

7:トラブル時の対応

個人で買い付けた場合は、トラブルにはあなたが対応しなくてはいけないですが、代行会社がトラブルの解決、返金・返品対応もしてくれます。
なので、トラブルのことを考えると代行会社を利用するメリットは絶大に大きいです。

まとめ

今回は、中国輸入代行業者の選び方について、ご紹介してきましたが、いかがでしたか?
代行業者を選ぶ際には、客観性と主観性が大事になってくると思っています。
評判や口コミも大事ですが、代行業者の社長さんと直接交流してみたり、あなたが支持する成功者の真似をすることがポイントです^^

オンラインメッセージ